私の部屋自慢

埼玉県蕨市 多田邸

Photo

ソットサスと同じデザイン集団に在籍していた倉俣史朗やミケーレ・デ・ルッキの椅子も。ネオンが光るミラーは「Ultrafragola」

今回、お宅を自慢してくれるのは埼玉県蕨市の多田さん。ご自身が心酔していると言うイタリアンデザインの巨匠、エットーレ・ソットサスの家具が、家中の至る所に配された美術館のような住まいだ。そのコレクションの充実ぶりは圧巻。以下、多田さんのコメント。
「もともとイタリアのデザインが好きで、モダンなインテリアの家に住むのが夢でした。ソットサスの家具を集め始めたのは15年前から。好みにぴったりくる作品に出会ったのがきっかけです。この家も『ソットサスの家具が似合う家が欲しい』と建築家にお願いして建てました。もちろん部屋にある家具やオブジェの8割は彼の作品。昨年末90歳で亡くなられましたが、彼は私の中では今も、そしてこれからも、永遠に世界最高のインテリアデザイナー。コレクションは増え続けていくでしょう。」

所在地

埼玉県蕨市

主要構造

木造3階建て

敷地面積

100.00m2

建築面積

55.50m2

床面積

1階 51.00m2、2階 52.00m2
3階 55.00m2計 158.00m2

竣工

平成9年4月

設計

イオンアーキテクツ設計事務所

家族構成

4人

Photo

ソットサス作品の数々。筋金入りのコレクター振りが伺える

Photo

4色のカラーパイプテーブルは1979年のスタジオアルキミア製

設計/イオンアーキテクツ設計事務所
東京都世田谷区野沢2-3-1 コーナーズB01
TEL 03-3419-0140  http://ion-arch.com/