私の部屋自慢

東京都豊島区 石原邸

Photo

左)コンクリート素材のサイディングと黒いガルバリウム鋼板でまとめられた外装
中)3階の寝室は、ベッド上にトップライトを設けた
右)2世帯が使う共用リビング。内部木材のほとんどがオイルフィニッシュ

豊島区巣鴨に建つ、この家に住むのは、設計士の石原弘治さんとその父(大工)の2世帯。設計、施工を親子で分担した珍しい例だ。
「世帯間にほどよい距離感を保ちながら快適に暮らしたいと思い、1階を事務所、2階を両親の自宅兼自分たちの玄関+共用リビング、3階は自宅という造りにしました」(石原さん)
 浴室やキッチンなどの水廻りは各住戸に持たせることで、それぞれの生活は独立。共用のリビングで顔を合わせる、というかたちだ。木の素材感を活かした内装は、シンプルだが、どこか逞しさも感じさせる。
「大工である父だからできた、力強い木の家です。その木が持つ魅力をデザインでさらに引き立てるのが設計士である自分にできることでした」
 と話す石原さん。様々な家づくりを間近で見てきた2人ならではの、住み心地バツグンの家だ。

所在地

東京都豊島区巣鴨

建物形態

木造3階建て

居住者構成

2世帯(夫婦、夫婦+子ども1人)

専有面積

100.12u

建築面積

61.56u

床面積

1階 56.46u、2階 55.62u、3階 47.57u、計159.65u

竣工年

2009年7月

設計

一級建築事務所 有限会社石原建設設計室

施工

一級建築事務所 有限会社石原建設

Photo

無機質になりがちな事務所にも木材を多用し、ぬくもりをプラス

Photo

剥き出しの梁や鉄骨が印象的な3階リビング。床は寄木フローリング

設計/一級建築事務所 有限会社石原建設設計室
TEL 03-3918-8070
http://www.stonedesign.jp