私の部屋自慢
20代で一戸建てデザイン住宅に挑戦。ビルダーと二人三脚で叶えた理想の住まいとは!?

群馬県桐生市 小池邸

織物産業の地として栄えた桐生。その生産を支えた工場の「ノコギリ屋根」という構造にヒントを得てデザインされたのが、会社員の小池達也さん(27歳)の住まいだ。 「親から譲り受けた土地だったので場所探しの手間はなく、その分構想にじっくり時間をかけました。オープンハウス巡りと打ち合わせにそれぞれ1年くらい。こだわったのは生活しやすい平屋であること。あとは無垢の床や友達と集まれる広いLDKにできればと思っていました。街の歴史を意識したノコギリ屋根は、デザイン性だけでなく、自然採光を得やすい合理的な構造だと思ったので自分から提案したんです。もちろん若さゆえの不安はありましたが、先のことを考えてもきりがないので家づくりに踏み切りました。資金面については、設計・施工の担当者がうまく計画してくれたので、段取りよく進められたと思います」

家族構成

夫婦

敷地面積

294.66u

床面積

113.03u

竣工年月

平成23年9月

設計・施工

thinks 翼創建/矢内建築計画

Photo

「あくまで“ノコギリ屋根ライク”となりましたが、廊下は明るいです」(小池さん)

Photo

自慢のLDK。ソファはTRUCKのもの。

Photo

ベンチは建築家の友人による手作り。

Photo

大容量の収納の裏側は黒板壁(玄関)となっている。天井高は4m。

thinks 翼創建
群馬県伊勢崎市富塚町221・11
TEL 0270・32・8411
www.tsubasasouken.co.jp