私の部屋自慢
断熱性能や自然素材にこだわって見た目だけじゃない快適さを追求

東京都八王子市 林邸

工務店を経営する林宜正さんは、築33年の団地をセルフリノベーションでリゾート感あふれるカリフォルニアスタイルに仕上げた。
「既存は4LDKの間取りでしたが、リビングと子ども部屋を広くとりたかったので2SLDKに変更しました。一続きになったリビングダイニングは黒板壁や飾り棚、エジソンランプなどを取り入れてカフェ風に。生活感が出ないように冷蔵庫の横にたくさん仕舞えるパントリーもつくりました。さらに窓側の壁に板材を貼って白く塗装したり、ハンモックやアウトドアチェアを置いてリゾート感を演出しています。見た目だけでなく使う素材にもこだわり、なるべく体に優しいものを選びました。親子共々アレルギー体質ということもあり、塗料は自然素材。古い建物で結露やカビが心配だったので、断熱材を入れたり、二重サッシを取り付けたりもしています」

居住者構成

夫婦+子ども2人

建物規模

地上5階建て(1階部分)

専有面積

96.32m²

建物竣工年

1983年

工期

3ヶ月

リノベーション竣工年

2016年

Photo

キッチン壁にはメトロタイルを貼り、「BRIWAX」で塗装した飾り棚を設けた。

Photo

窓から心地良い光が差込むリビングダイニング。1階庭付きで開放感がある。

Photo

廊下に続く引き戸は、元々無塗装だったものを購入して青く塗り、新設。

Photo

シャビーシックに仕上げた板壁にデザイン違いのフォトフレームを飾った。

設計/春日工務店
kasuga-koumuten.nori@hotmail.co.jp