Web版ショールーム探訪LIXIL〈リクシル〉

photo

見やすい、楽しい、新提案が充実。大規模ショールームが堂々オープン

今年8月、西新宿に首都圏最大級※のショールームが誕生した。
家づくりのヒントが詰まった大空間は「広い!」以外の魅力も満載。

text_ Haruko Hamahori photograph_ Nobuyuki Umeda

理想の住まいづくりがイメージできるように手助けしてくれる、住まいと暮らしの「総合住生活企業」LIXIL(リクシル)の旗艦ショールームがこの夏、西新宿に誕生した。展示スペースは5280uと、住宅設備機器・建材メーカーでは首都圏最大級を誇り、広大なフロアは、「気づく(いい暮らしゾーン)」「感じる(いい住まいゾーン)」「選ぶ(商品選定ゾーン)」の3つのゾーンに明確に区分され、ユーザーの動線と、見やすさ・わかりやすさに考慮した、さまざまな工夫が施されている。まずは、総合受付のある7階入口まわりに点在する家、窓、ドアをかたどったデジタルサイネージをチェック。タッチパネルを操作しながら、“いい暮らし”とは何かに気づく℃d掛けだ。その奥には、同ショールームの最大の特徴である、省エネ、ロングライフ、ユニバーサルデザインをコンセプトとした5つのモデル棟からなる、「感じるゾーン」が広がる。
「世代別ニーズを反映した、住環境の異なる5棟です。多彩ないい暮らし≠きちんと価格表示し、現実的なサプライズを提案をしています」
そう語るのは館長の新井智秀さん。さらに、未来を見据えた実験棟「スマートハウス」では、自然の力を取り入れた暮らしを提案するパッシブファースト住宅を展示。室温を感知する全窓自動開閉など、見所は多い。
続いて6階へ降りると、そこに広がるのは「選べる」ゾーン。豊富な商品が勢揃いし、そのスケールには一瞬たじろぐほどだが、フロアに入って右側を室内インテリア、左側を外観エクステリアの展示に振り分け、スムーズな動線を確保。また、商品単体のほかに、キッチン本体と床材、タイルを組み合わせるなど、空間提案が多数展示されている。知識豊富なコーディネイターも常駐しており、質問や相談に気軽に応えてくれる。専属コーディネイターも事前予約で可能だ。セミナーや各種イベントも多数予定されており(要予約)、「とりあえず」の人から「本気」の人まで、住まいづくりのワクワク感を胸に家路を辿る足取りは、きっと軽い。

(※2012年8月現在住宅設備機器・建材メーカーにおいて)

Photo

7階にあるショールーム受付。受付周辺にはデジタルサイネージがある。

Photo

中古住宅のリノベーションをイメージ。キッチンを中心に会話が弾むLDK提案。

Photo

玄関ドアの現物サンプルが並ぶ。豊富な商品を比較検討しながら選べる6階。

Photo

「美人収納の住まい」のモデル棟では、寝室のとなりに広めの収納と洗面室、浴室をつないだスマート動線を提案。


Photo

LIXILショールーム東京

東京都新宿区西新宿8-17-1
住友不動産新宿グランドタワー7F(総合受付)
TEL 03-4332-8888(代表)
OPEN:10:00〜17:00
CLOSE:水(祝祭日の場合は営業)、夏期、年末年始
ACCESS:東京メトロ丸の内線「西新宿」駅1番出口より徒歩約3分