Web版ショールーム探訪PROPOLIFE(プロポライフ)

photo



ステンレスキッチンを究める 知る人ぞ知る駅近の穴場

東京駅から徒歩1分の好立地に誕生したショールーム。
自然素材を活かした住まいを求めるなら、この品質と価格を見ない手はない。

text_ Haruko Hamahori photograph_ Nobuyuki Umeda

 東京駅の八重洲北口を出ることわずか1分。足早に行き交う人が多いオフィス街に、約150本ものソメイヨシノが東京メトロ日本橋駅まで続く並木道がある。その名も「さくら通り」。沿道のビルの2階に今回紹介するショールームがあるのだが、毎日この道を歩いていても、うつむき加減では見つからない灯台下暗し的なところが、かえって好奇心と期待をかきたてる。
 その思いに応えるように、エレベーターが開くとまず目に飛び込んでくる「+HOUSE」「CHRONICLE REFORM」の看板と木製のオリジナルキッチン。忙しない通りから一転、木の香り漂う自然空間というギャップで訪れた人を一気に惹きつける。
「弊社が展開している不動産仲介を手掛ける『プラスハウス』とフルリノベーションや部分リフォーム、注文住宅の企画、施工を行う『クロニクルリフォーム』、オリジナル住宅設備『クロニクルケンザイ』のショールームとしてオープンしました。天然無垢材を使用した建材の質感やデザイン、木の温もりが伝わる室内空間を多くの人に体感していただきたいですね」
 と語るのは『プロポライフ』の広報、澤田ゆかさん。本社が東京駅の南口にあることもあって東京駅近くに開設したそうで、サクラ並木を借景にするように全面ガラス張りとし、春のサクラはもちろんのこと四季折々の風景や自然の光を取り込んだ、駅近とは思えない心和む空気感が漂う。商品も展示に終始するのではなく、多彩な床や壁、照明やキッチンの色や素材感に考慮して、空間に調和するように配置。上がり框横のシューズボックスや来客用のトイレ、洗面台もオリジナル仕様で、訪れた人の動線の中に“体感”できる要素をさりげなく取り入れている。高品質で低価格な自然素材には定評があり、インドネシアとラオスの提携工場ではコスト管理とJAS規格に適合した品質を実現。「このクオリティで、この価格!」を目の当たりにでき、土地や家探し、新築や中古物件の相談にも幅広く対応してくれる。

Photo

打ち合わせコーナーにはテーブル5席を配置し、床、壁、天井の仕上げを個々に演出。珪藻土壁は約150色を展開。

Photo

天然無垢のフローリングを8タイプ敷き詰め、張り方の違いも目と足で体感。

Photo

エレベーターの扉が開くと目の前に「+HOUSE」「CHRONICLE REFORM」の木製看板が現れる。


Photo

プロポライフ/八重洲ショールーム

東京都中央区八重洲1・5・17
八重洲香川ビル2F
TEL 0120・60・2423
OPEN/10:00〜20:00
CLOSE/水曜
ACCESS/JR線、東京メトロ各線「東京」駅